コア歯科クリニック「診療案内」

歯科・小児歯科DENTAL / PEDIATRIC DENTISTY

一般歯科についてDENTAL

当院では、患者様に安心して治療を受けて頂けますように、デジタルレントゲンなどを活用し、患者様に負担をかけることなく詳しく現状を把握して症状などを正確に伝えるように心掛けています。

また、カウンセリングルームにてレントゲン画像や資料などを見ながら、患者様に最適なプランを提示し、互いに納得の上で治療に入らせて頂きます。

虫歯発見は遅れるほど完治までの時間がかかることになり、体への負担も大きくなってしまいます。
歯の痛みを感じたら迅速に歯科医院へ治療相談に行くことはもちろんですが、ご自身の歯の健康のために、当院では予防歯科にも力を入れております。
定期検診やPMTCによるクリーニングなど、普段の歯磨きだけではメンテナンスが難しい歯と歯の間や歯茎の隙間などをしっかりとケアしていきます。
日常的なケアの一環として、当院の予防歯科治療をお気軽にご利用下さい。

小児歯科についてPEDIATRIC DENTISTY

乳歯はそのうち生え変わるから大丈夫・・・ということはありません。
乳歯だからこそしっかりとした管理が大切になってきます。
子どもの虫歯は進行が早いため、単に歯磨きをさせるだけではなく、親が毎日しっかりと口の中を管理してあげることが大事です。

また、幼少期における歯列の健康状態は、顎の成長と伴って、永久歯列の形成に大きな影響を及ぼします。
将来的なことを考えながら、常に健康的な歯の状態でお子さんが成長できるように気配りすることが大切です。

小児歯科では、上手な歯ブラシが出来るようにアドバイスも行っています。
虫歯の治療以外にも、虫歯になりにくいようにフッ素や予防処置を行います。
また、歯科医院は怖くないし痛いところでもないと感じてもらえるように気を配っています。

削らない虫歯治療It isn't shaved Cavity treatment

従来の虫歯治療では、虫歯の部分を全て削りとってそこに詰め物をするという方法が主なものとなっておりました。
「ドックベストセメント」はアメリカで開発された方法で、【虫歯を削らないでミネラルで殺菌する】という治療法です。
ほとんど麻酔を使わず、しかも歯を削らないで治療が行える画期的な治療方法です。
ドックベストセメントはアメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として認可を受け、
有用性と継続性が実証・確率されている、アメリカでは一般的に用いられている製品です。

なぜ「ドックベストセメント」を詰めると虫歯が治る?WHY DOC’S BEST CEMENT?

ドックベストセメントはミネラルを主成分としています。 成分内には銅、亜鉛、リン、鉄、アルミニウム、酸化チタンなどが含まれていますが、この中で銅が殺菌作用の主成分となり、他のミネラルは虫歯で感染した歯の再生に使われます。
「虫歯菌に侵された部位を削り取る」という従来の発想とはまったく異なり、「虫歯菌に侵された部位を削らず、ミネラルで殺菌する」という画期的な治療法です。
銅は微量でも強力な殺菌力を持ち、昔から殺菌法のひとつとして幅広く用いられてきました。
口腔内でイオン化した銅は細菌の細胞壁に吸着して浸透していき、細菌を死滅させる働きがあります。
また、最大の特徴として、銅の殺菌効果は永続的ということが挙げられます。
従って、虫歯のために空いてしまった穴にドックベストセメントを詰めるだけで永続的な薬効を発揮して、
象牙細管に潜む細菌や神経に達した細菌も徹底的に殺菌します。
その上、銅以外のミネラルが歯の再生を助け、虫歯菌の酸によって軟らかく溶けかかった歯質を硬くしてくれることにより、虫歯の再発を防止してくれるのです。

■ドックベストセメント治療のメリット
・神経を取らないで治療できる可能性があります
一般的に、神経を取ってしまうと歯の寿命が短くなると言われています。
また、神経は複雑な形をしていますので、神経を取る治療を行ったとしても痛みや腫れが再発してしまうこともあります。
再発してしまった場合、再治療が可能な範囲ならば良いですが、そうでない場合には抜歯になってしまう可能性も高くなってしまいます。
・中程度の虫歯の場合でも、歯を削る量がとても少ないです
全ての虫歯部分を削らなくても済むため、従来の治療法に比べて歯を削る量がとても少なく、治療回数・治療期間も短くなります。
・アレルギーの心配はありません
薬ではなくミネラルの力を使って殺菌するので、薬アレルギーのある方も安心です。
・殺菌効果が永続的
銅の殺菌効果は永続的なため、長期に渡って効果が期待できます。

■ドックベストセメント治療のデメリット
・保険治療として認可されていないので、自費治療となります。
・虫歯の部位や量、状態などによっては、この治療が出来ないケースもあります。
ドックベストセメントについてのご質問・ご相談は、当院までぜひお気軽にご連絡下さい。
治療した部分は治っていても、歯磨きなど日常のケアを怠ると他の部分が虫歯になってしまいます。
定期的な歯科医院でのクリーニングや検診などを利用して、予防を心がけましょう。

※ドックベストセメントについてのご質問・ご相談は、当院までぜひお気軽にご連絡下さい。

歯周病治療・再生療法PERIODONTAL DISEASE
TREATMENT

虫歯と並んで歯を失う疾患の一つである歯周病の治療では、原因であるプラーク(歯垢)を取り除いて、歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質)の炎症を抑え、再発を防ぐことが基本となります。

しかし、歯周病が深く進行してしまうと、歯を支えている歯根膜や歯槽骨といった歯周組織が破壊されます。
歯周病治療として細菌を歯周ポケットから除去することにより歯周組織の健康は取り戻せますが、ひとたび失われた歯周組織は、自然に元に戻ることはありません。

このようなケースでも、歯周組織の破壊の程度が局所にとどまっている段階であれば、歯周組織を再生させる方法を取り入れて歯を残すことが可能です。

PMTCPMTC

PMTCとは【プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング】の略称です。
普段の歯磨きでは届きにくい歯と歯の隙間や口腔内の隅々までを歯科衛生士が専用機器を用いてケアをしていきます。
既に歯に定着して歯磨きだけでは落とすことの出来ないヨゴレや、歯垢(プラーク)の元となるバイオフィルムもキレイに除去することが出来ます。

PMTCは虫歯を防ぐだけではなく、歯周病などの改善や歯質の強化を促すとともに、歯の着色を除去して光沢のあるきれいな歯を保つ効果などもあり、治療時間も短く、痛みもありません。

精密な口腔内細菌検査BACTERIA TEST

当院では「ジーシー・サリバチェック・ラボ」の細菌検査サービスを使用して、歯周病原菌及びう蝕関連菌検査を行っています。 当医院で採取した患者様の検体(唾液または歯肉溝滲出液)をラボに送り、ラボにて精密に検査を行った後に報告書が当医院に返送される仕組みです。 ラボによる高度で精密な分析を行うことにより、今まで測定が難しかった嫌気性菌である歯周病原細菌の数も正確に測定することが可能となりました。

エムドゲイン・ゲルを用いた治療方法PARADENTIUM REGENERATION THERAPY

エムドゲインは歯周病によって溶けてしまった骨(歯槽骨)を再生させる薬です。
主成分は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。

歯の表面のヨゴレを取り除き、溶けた骨の部分にエムドゲインを入れることによって、歯の発生過程に似た環境を再現します。
こうすることにより、初めて歯が生えた時と同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促していきます。

審美・ホワイトニングSENSUOUSNESS / WHITNING

審美性を伴う歯科治療SENSUOUSNESS

健康的で明るい笑顔は一生の宝物です。

当院ではお口のトラブルを解消するだけでなく、審美性の高い、素敵な笑顔になるお手伝いもさせて頂きます。
歯は一生使うものです。そのため、見た目と機能の両方が大切になってきます。
審美歯科とは、歯の色や並び、歯肉に至るまで、口元の美しさを追求した総合的な歯科医療です。
一般的な治療より高い技術で処置を行い、単に歯を白くするだけではなく、美しい歯並びやバランスの取れた歯肉など、口腔内における形の美しさや色彩の美しさ、機能美の調和を図り、口腔内全体のトータルな環境を作っていきます。

また、美しさにフォーカスした審美歯科ですが、実はそれ自体に口腔内の病気を予防するという重要な側面があります。
歯は年齢が進むに連れ、次第に問題を帯びてきます。
しかし、表向きは歯の問題に見えても、口腔内全体の問題が歯に現れていることが少なくありません。
歯を支えている歯茎、その下にある骨、顎やその周りの筋肉など、口腔内でバランスを取っているものの一端が何らかの原因で機能しなくなっている場合、元々あるべき姿が保てなくなって自然な均衡が崩れてしまうことになります。

歯並びを整えることは磨き残しを減らすことに繋がり、歯垢(プラーク)が減ることに繋がり、歯垢(プラーク)が歯肉へ侵入することを防げると、それは歯周病の予防へと繋がります。また、キレイな歯並びは良い咬み合わせに繋がり、顎全体への負担を大幅に軽減します。

口腔内全体をトータルで考え、ケアをすることによって健康的で機能的な口腔内環境を手に入れることが出来るようになります。

ホワイトニングWHITNING

クリーニングをしても取れない歯の黄ばみ、くすみに悩んでいる方は少なくありません。
ヨゴレを落とすクリーニングとは異なり、歯の美白薬品を使って光を照射したり、マウスピースを使って歯を薬品で浸して美白するのがホワイトニングです。
医院にて行うオフィスホワイトニングの方が短時間で効果が出ますが、ご自宅にてお好きな時間に行って頂くホームホワイトニングもおすすめです。
また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングという方法もあります。

美白剤の主成分は過酸化水素水で、消毒薬のオキシドールとして知られています。
欧米では、すでに100万人以上の方がこの技術で歯を美白しています。
喫煙やコーヒー・紅茶の飲用などによる歯の変色、老化や遺伝による黄ばみにも優れた効果があります。

オフィス・ホワイトニングOFFICE WHITNING

医院にて行うホワイトニングを「オフィスホワイトニング」といいます。
医師の管理の元で、高濃度のホワイトニング剤と歯科医療用ライトを使用して、ホワイトニング作用を一気に促進させますので、短時間でハッキリとした効果が出ます。

口腔内をしっかりと保護してから、歯にホワイトニング剤を塗布して、浸透を促すための光を照射していきます。
個人差はありますが、一度の治療時間は約40分から60分程度です。
当院では「Tion」によるオフィスホワイトニングを提供しております。

ホームホワイトニングOFFICE WHITNING

ご自宅にて行うホワイトニングを「ホームホワイトニング」といいます。
患者様の歯型に合わせてマウスピース型のトレーを作製して、ご自宅にて専用の低濃度ホワイトニングジェルをトレーに入れ、装着する方法でホワイトニングを行っていきます。

オフィスホワイトニングに比べると効果が出るまでは少々時間がかかりますが、ご自宅にてマイペースで歯を白くすることが出来ます。
また、マウスピースは一度作ってしまうとその後はホワイトニングジェルの追加費用しかかかりませんので、長期的に見るとオフィスホワイトニングよりも経済的な方法です。

当院では「Tion」によるホームホワイトニングを提供しております。

デュアルホワイトニングDUAL WHITNING

医院でのオフィスホワイトニングと、ご自宅でのホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングは、双方のメリットを活かすことが出来るので、オフィスまたはホーム単独では到達出来ないレベルの白さまでホワイトニングする時間を大幅に短縮することが出来ます。
また、相乗効果により歯の内部隅々までしっかりとホワイトニングすることが出来ますので、色戻りしにくい傾向があります。

> 当院にて採用している「Tion」の詳細はこちら

金属を使用しない被せ物治療
オールセラミックス・オールジルコニアALL CERAMIC / ALL ZIRCONIA

オールセラミック、オールジルコニアとは、金属を全く使わずにセラミックやジルコニアのみを使用した審美治療です。

セラミックは光を透過するので、限りなく天然歯に近い透明感と自然な仕上がりを実現します。
また、長期安定性に優れていますので、変色しにくく、着色ヨゴレも付着しにくいという特徴をもっています。
その上、硬すぎないために他の歯を傷つけることもなく、強さとしなやかさを兼ね備えた理想的な材料です。

セラミックを使用した治療では、金属類を使用しないため、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行うことが出来ます。

当院では、オールセラミックスやジルコニア以外にもハイブリッドレジンなど、患者様のご要望に添うべく多種に渡る治療方法を提供しております。
ご相談の上、最適なものを提供いたします。

義歯・インプラントARTIFICIAL DENTURE / INPLANT

義歯についてARTIFICIAL DENTURE

当院では、満足度の高い義 歯を提供するにあたり、多種多様なものを取り扱っております。
それぞれに特徴がありますが、最適な義歯の種類は、口腔内の状態や患者様のご希望により違ってきます。
そのため、治療に入る前には、義歯に対しての不明点や不安などのお悩み・費用や治療期間等についてのことなどをじっくりとお聞き致します。
その上で患者様に最適な治療方法を患者様とご相談しながら決めていきます。 皆様より満足の頂けるお言葉を頂くまで、お付き合いさせて頂きます。

歯は一本足りないだけでも身体全体に大きな影響を与えることがあります。
義歯についてのご質問・ご相談は、当院までどうぞお気軽にご連絡下さい。

保険対応の義歯から、機能的で審美性の高い保険外義歯まで幅広く取り扱っております。
相談しながら最適なものを選び使用しましょう。

総義歯についてCOMPLETE DENTURE

歯が一本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療になります。
義歯と同様に、保険対応の義歯から、機能的で審美性の高い保険外義歯まで幅広く取り扱っております。

保険外総義歯では、「コンフォート」も採用しております。
「コンフォート」とは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコンで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。
シリコンの弾性が入れ歯でグッと噛んだ時の歯茎にかかる負担を和らげ、驚くほどの吸着力を発揮します。
従来の総入れ歯にあった「痛い・噛めない・外れやすい」といった悩みを解決すると共に、歯茎を優しく守ります。

当院にて採用している「コンフォート」の詳細はこちら

インプラントについてIMPLANT

何らかの理由により失われてしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人口の歯を装着します。
インプラントを埋入することで骨に直接固定され、まるで自分の歯のように自然に噛むことが出来るため、噛む振動がそのまま骨にも伝わり、身体の一部のように感じることが出来ます。

また見た目も元の健康な歯に近くなるため、乳歯、永久歯に続く「第二の永久歯」とも呼ばれることがあります。
天然の歯と変わらない見た目と噛み心地で、口元のお悩み、歯のお悩みから開放された健康で活動的な生活が戻ってきます。

この治療方法は外科手術を伴いますので、全身の健康状態をチェック・骨の状態など、より精密な検査を行い施術いたします。

当院のインプラントは10年保証となっております。
GuideDent
どうぞお気軽にご相談下さい。

> 当院にて採用している「ノーベルバイオケア ブローネマルクシステム」の詳細はこちら

> 当院にて採用している「白鵬 カルシテック」の詳細はこちら

> 当院にて採用している「ストローマン」の詳細はこちら


※当院は、歯科技工所と提携しております。

歯の工房様

矯正治療CORRECTIVE THERAPY

アソアライナーによる矯正治療ASO ALIGNER

歯並びの悩みはあるけど、矯正装置は目立ってしまって二の足を踏んでしまう…。
そんな患者様の声に応えるため、矯正装置の開発は進んできました。
目立たない矯正治療として、「マウスピース矯正」とリンガルブラケットを使用する「裏側(舌側矯正)」などがありますが、より”見えない”方法であるマウスピース矯正による治療に人気が集まっています。

当院ではマウスピース矯正として「アソアライナー」を採用しています。
透明で薄く、審美的に優れたマウスピース型の可撤式矯正装置として人気を博しています。
装置の作用原理は、材料の弾性を利用して必要な矯正力を必要な部位に加える事で歯を移動させる仕組みです。

通常約1ヶ月に1度の間隔で印象採得を行い、その都度アライナーを作製して厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm、ハード0.8mm)のアライナーで矯正力をコントロール出来るので疼痛を軽減させることが出来ます。

> 当院にて採用している「アソアライナー」の詳細はこちら

歯列矯正・顎関節症STRAIGHTENING TEETH / TEMPOROMANDIBULAR JOINT

当院では、歯列矯正・顎関節症治療も行っております。
スライド画像に該当する方、またはそれに近い方は当院にご相談下さい。

歯牙移植治療TRANSPLANTATION OF TEETH

「歯牙移植治療」とは、歯を失ってしまった場所に自分の歯を別の場所から移植する治療法です。
虫歯が大きくて歯の根まで達してしまっている、歯が割れてしまったなど、その歯を残せない場合や、既に歯が無いところに対して、親知らずや口腔内で機能していない歯(埋伏歯)を移動して埋め直していきます。

様々な形で応用が利き、体に優しい治療です。

根面被覆ROOT SURFACE COVERING

歯周病などに関連して、歯肉が下がって歯根が露出した状態になってしまった時などに、主に上顎口蓋側(上顎の裏側)から採取した歯肉を移植して露出根面を覆う結合組織移植術です。
審美的障害の改善が最も多いですが、知覚過敏や根面う蝕に対しての適応にもなります。

舌小帯切除Frenulum resection

舌小帯とは、下あごと舌をつなげているすじのことを指します。
このすじが短く、舌の動きを邪魔する状態になると、咀嚼・嚥下・発音障害、口腔内の自浄作用の低下などの機能障害の要因となります。

当院ではレーザー治療により舌小帯を切除します。
レーザー治療では術後の縫合の必要がなく、痛みもほとんどありません。

睡眠時無呼吸症候群とはHIGENE CONTROL

睡眠時無呼吸症候群とはHIGENE CONTROL

睡眠時に呼吸が止まってしまい体内に酸素が行き渡らず、様々な要因で「高血圧」「糖尿病」などを引き起こす危険性のある症状です。
いびきを習慣的にかいている人口は2000万人(国民の6人に1人)、睡眠時無呼吸症候群の人口は200万人(国民の60に1人)ほどいると言われています。

睡眠時無呼吸症候群の種類SLEEP APNEA SYNDROME TYPE LIST

睡眠時無呼吸症候群の種類SLEEP APNEA SYNDROME TYPE LIST

① 閉塞型睡眠時無呼吸症
呼吸運動あり
上気道の閉塞によっておこる無呼吸・低呼吸状態になる症状で、睡眠中の筋弛緩等により舌根部や軟口蓋が気道を閉塞することで発生する症状。呼吸しようとしても気道が閉塞状態なのでイビキを伴う事が多い。

② 中枢型睡眠時無呼吸症
脳の呼吸中枢から「呼吸」をするよう信号が送られないために起こります。閉塞型の場合は気道が狭くなっても呼吸しようとしてイビキをかきますが、中枢型は呼吸するための信号が送られないのでイビキをかきません。
呼吸中枢の障害により呼吸運動が無い。

③ 混合型睡眠時無呼吸症
中枢型の無呼吸の症状と同時に閉塞型の無呼吸の症状が認められる状態です。

歯科における睡眠時無呼吸症候群の治療TREATMENT OF SLEEP APNEA SYNDROME IN DENTISTRY

歯科における睡眠時無呼吸症候群の治療TREATMENT OF SLEEP APNEA SYNDROME IN DENTISTRY

日常的に口腔内を診察する歯科は、睡眠時無呼吸症候群・いびきを発見する可能性が高いといえます。
潜在的な無呼吸症の患者様には、耳鼻科へ紹介を行い精密検査を受けた後に紹介を経ることで保険を適用してマウスピースでの治療を行っています。耳鼻科での精密検査は、1日程度の検査入院が必要となります。
いびきでお悩みの患者様には、自費治療でマウスピース治療が行えます。