コア歯科クリニック「衛生管理・設備紹介」

最先端の修復物製作システム「セレック」SELLECK

セレックシステムは医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。

従来の方法で修復物を作製する場合、まず歯型を取って技工所に製作を依頼するという手間がかかっておりました。
そのため、患者様は被せ物が完成するまでの期間を仮歯で過ごさなければなりませんでした。

しかし、セレックシステムを使用すると技工所に修復物作製を依頼する必要がありません。
治療当時に修復物を作ってしまうことが可能であり、その日のうちにセラミックの被せ物を装着することが出来ます。

セレックには1980年代に臨床応用されてから、積み重ねられた確かな実績があります。
大学や臨床家による「高い残存率」・「歯質保護」・「高い適合性」などの数多くのエビデンス(科学的根拠)がセレック修復の”安心”を物語っています。

  • ・臨床的に裏付けされたエビデンス数:250
  • ・世界でセレック修復が行われた症例数:2800万件
  • ・実績ある長期残存率:約95%

セレック治療の流れSELLECK TREATMENT

1.最先端の3D光学カメラを使用して患部をスキャン

歯型取りの不快感を味合うこと無く、わずかな時間でカメラスキャンが完了します。
スキャンされた3Dデータはモニター上に再現されます。
※症例により型取りが必要な場合もあります。

2.コンピュータの3D画面上で修復物を設計

モニター上で歯の形態や咬み合わせの調整をシミュレートして、理想的な形にしていきます。
設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

3.修復物作製

ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータ上で設計されたデータを基にしてセラミックブロックを削り出し、精密に整えて修復物を作製します。

4.出来上がった修復物を口腔内へセット

最新の接着剤を使用して、削りだされたセラミック歯を口腔内へセットし、治療完了となります。
ここまで要する時間は、ほとんどの場合1時間程度です。

※当院は歯科技工所と提携しております。

歯の工房様

4つの特徴FOUR FEATURES

  • 1.「治療時間が短い」

    ほとんどの症例は約1時間で終わるほどスピーディー。
    1回の通院で修復物をセットできるため、通院の手間もありません。

  • 2.「高耐久」

    規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。
    15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。

  • 3.「経済的」

    修復物を歯科医院で作製するため、歯科技工所に依頼することがありません。
    人件費を削減できるため、比較的リーズナブルにご提供できるのです。

  • 4.「審美性が高い」

    金属ではなく上質なセラミックを使っているので、自然で美しい見た目を実現できます。
    もちろん金属アレルギーの心配もありません。

こんな方におすすめRECOMMENDED

  • 治療に時間をかけたくない方
  • 金属アレルギーをお持ちの方
  • 白くて綺麗な歯を希望される方
  • 治療費用を抑えて審美歯科治療を受けたい方
  • 銀歯を自然な白さのものに替えたい方
  • 高精度な治療を希望されている方

歯科用CT(3D)・
デジタルレントゲンを完備3D-ROENTGEN

当医院はドイツの名門シロナ社(Sirona Dental Systems GmbH)製の「オーソフォスXG 3D(ORTHOPHOS XG 3D)」という、日常臨床における専門性の高い診断機器を使用しています。
今までの歯科治療では2Dレントゲンによる平面判断が主なものでした。しかし、このCTにより3次元撮影が可能となり、より高度で正確な治療計画を立てることが出来ます。

正確な治療を行うためには、正確な診断が不可欠です。
インプラントの埋入オペの際に必要とされる周囲骨質、顎骨の状態をはじめとし、歯周疾患治療に必要とされる残存歯根と周囲骨の状態把握、また、根管治療における歯根の破折の有無などの診断など、今までにない専門性の高い診断が出来るために、安全で納得のいく適切な治療のご提案が出来ます。

少ない被爆で、安心安全!EASE・SAFETY

シロナ社は被曝量にとても拘るメーカーであり、それが一流の一端を示しています。
オーソフォスXG 3Dは、従来のフィルムを使用したレントゲン撮影に比べ、人体に受ける放射線の量を、約1/4~1/10に抑えることが可能で、照射時間も短く、安心安全です。

レーザーLASER

当院では、痛みや不快感の少ないレーザーを使用しております。
レーザーには数多くの利点がありますが、代表的な利点は「出血を抑えること」、「不快感や痛みからの開放」の2点が挙げられます。

1.出血を極力抑える事が可能CONTROL BLEEDING

歯茎や粘膜の治療で切開が必要な場合、出血がほとんど抑えられるために治療部位をしっかりと確認することが出来て、より正確な治療を行うことが出来ます。
また、レーザー照射により、術後の出血リスクを低く抑えることが出来ます。

歯茎に炎症を起こしている場合、炎症部位にレーザー照射することによって腫れを緩和させたり、また炎症を起こしている組織を高温で取り除いたりすることにより、腫れや痛みを和らげることも可能です。

2.不快感や痛みからの解放DISCOMFORT AND PAIN DELIVERANCE

虫歯治療にレーザーを使用した場合、従来の機器のような振動やノイズが無いため、少量の麻酔、もしくは麻酔を使用せずに治療することが出来ます。
これにより不快感を抑え、痛みも少ない治療を受けることが出来ます。

当院では以下の例のように、幅広い分野へレーザーを使用しております。

  • 歯槽膿漏への対応

    歯茎に膿が溜まって腫れや痛みが出ているようなとき、レーザー治療をすることにより、歯茎の消毒、歯茎からの排膿を即し、症状を改善します。

  • 口内炎、口角炎の治療

    口の中や唇に白いものができて触れると痛むような時、痛みの軽減、治療の促進を図れます。

  • 知覚過敏症

    歯茎が痩せるなどして冷たいものが”しみる”ような場合も、歯の神経を鎮静し効果的です。

  • 審美歯科への応用

    歯茎にメラニン色素が沈着し黒ずんでいるような場合、数回のレーザー治療により、ピンクの歯茎を得ることが出来ます。

  • 生体作用の活性化

    レーザーは新陳代謝を活発にし、生体の早く治ろうとする力(自己修復能力)を強くする作用があるため、治療の促進を期待出来ます。

  • 感染防止対策

    レーザー治療は、歯や歯茎に触れずに行うため、エイズや肝炎ウイルスの院内感染の心配はありません。

  • 安全性

    レーザーには強い殺菌・消毒作用や傷の治りを早くする作用があるので、消炎剤や抗生物質の投与を少なく出来ます。
    そのため妊娠している方や、他科で薬の処方を受けている方も安心して使用できます。

  • 以上の他に

    その他、レーザーは腫瘍や小帯の切除などの外科処置や、入れ歯によるただれ及び、顎関節症の痛みを和らげる効果もあります。

口腔外バキュームExtraoral vacuum

歯を削る際には、歯粉や金属片など様々な物質が空気中にたくさん飛散します。
それらの飛散物を患者様の口腔外ですばやく確実に捕集します。
口腔外バキュームを使用すると院内の99%以上の物質を取り除けます。
患者様の健康に配慮するとともに、診療室内をクリーンに保つことができます。

口腔内カメラAN INTRAORAL CAMERA

当院では状況を確実にお伝えするために口腔内カメラを使用しております。

治療中は患者様がご自分で口腔内を見ることは出来ません。
そこで小型精密な口腔内カメラを使用することにより、画像をタブレット端末に映し出し、口腔内の状態をご覧頂くことが出来ます。
普段見ることのできない上の奥歯の外側や親知らず、虫歯の中も映し出すことが出来ます。
更には、肉眼では見えないような、歯根の中のヒビまでもご覧頂くことが出来ます。

拡大鏡MAGNIFIER

クオリティーの高い治療を提供するため、拡大鏡を使って精密治療を行っております。
歯科治療では、肉眼では発見しにくい虫歯を治療する場合など、大変細かい作業が要求されることが多くあります。
肉眼では限界があり、拡大鏡の使用で治療精度を上げることにより、治療の結果や予後に大きな差が出てきます。

電動注射器ELECTRIC SYRINGE

患者様に不快感を与えてしまう痛みの代表格が麻酔を行うための注射です。
麻酔の痛みを和らげるには、出来るだけ細い針を使ってゆっくりと麻酔液を注入することが必要です。
しかしながら針が細くなると、その分強い力が必要になり、力のコントロールがしにくくなります。

注射の痛みは注入スピードによる余計な圧力によるところが大きく、人間の手で行うと加圧のムラが生じて痛みを感じる原因となります。
コンピュータ管理された電動注射器を使えば、細い針でもゆっくりと均一の圧力で麻酔液を注入することが出来るので、麻酔時の痛みを少なくすることが出来ます。

超音波スケーラーULTRASONIC WAVE SCALER

超音波スケーラーとは、ほとんど痛みや負担を感じることなく、超音波にて隅々までスケーリングできる医療機器です。
歯石などの沈着物を超音波の力で粉砕除去できます。

こすっても取れない硬い歯石、しつこいヤニなどの着色を取り除き、浮き出たヨゴレを装置から出てくる水で吹き飛ばします。
歯石のスケーリングに使用するのが主ですが、最近はペリオ、縁下の歯石・歯垢の除去やバイオフィルムの破壊にも活躍しています。

超音波スケーラーを使用することで、歯と歯茎の小さな隙間もキレイにクリーニングすることが可能となり、その上素早く確実にヨゴレを除去出来ます。

伊藤超短波オステオトロンⅣITO VERY HIGH FREPUENCY OSTEOTRON

伊藤超短波オステオトロンⅣは、低出力パルス超音波による音圧刺激でインプラントの治療の回復を早めたり、骨折部位の骨の形成の促進を促します。

2チャンネル同時出力による複数部位の治療も可能です。インプラント治療後やお口周辺の主に骨に関する回復を早めます。

また、超音波骨折治療法は先進医療として認められているため、健康保険を適応することができます。少しでも早く完治したいという方は、どうぞご相談ください。


伊藤超短波オステオトロン

遠心分離機centrifuge

当院では遠心分離機を使用し、完全自己血液由来のゲル素材を生成します。
生成されたゲル素材は自己血液由来のため、抜歯後の傷口などを塞ぐ素材として最適な天然素材のゲルとなります。

歯科用マイクロスコープOPMI Pico/S100

口内はとてはとても狭く、たくさんの組織が密集しているので治療すべき部分が表に出てきていない場合があります。

なのでマイクロスコープを使用することで裸眼では見えない細かい凹凸や補綴物、虫歯のひび割れなどを確認することによって、より精密な手術が可能となります。

また、精密治療を行うことで削るや抜くを最小限に抑えることが出来るので患者様の負担を減らすことが可能になります。